特撰素材

本日の特撰素材 ベニテングダケ!
もちろん冗談です・・・

キノコを知らない方でもおそらく知っているであろう
言わずと知れた毒キノコ ベニテングタケ
猛毒菌と思われていますが致死性の毒の含有量は極めて低く
中毒症状としては幻覚作用が主な症状であり
シベリアでは酩酊薬として使われた歴史や
シャーマンが変性意識状態になるための手段として
使われたり ヨーロッパでは1900年頃より
幸せのシンボルとして親しまれていたりと
宗教や民俗との結びつきが強いキノコです。

日本では長野県の一部で塩漬けにして食べられていたり
スーパーマリオブラザーズでマリオがこのキノコを食べて
酩酊状態にする事でクッパの恐怖と戦ったりと
一部では食用にされています。

ベニテングダケの毒成分のイボテン酸は強い旨味があるそうで
旨味の強さはグルタミン酸の10倍から16倍だそうです。
乾燥させるとマジックマッシュルームに近いそうです。
もちろん!毒キノコです。
ですが国際法では未規制なので所持や使用は規制されてません

本日の特撰素材!
冗談です・・・

王者

 もぎたての松茸の香りを
堪能された方はそう多くないはずです
今回 私は食べる事よりも幸せな味わい
香りの瞬間を
堪能する事が出来ました

見つけた瞬間は嬉しさを超えて
かなり動揺し

速く採らなくては!
と思い

いやその前に写真を撮らねば!
と思い

いや近くに他の松茸が有るやもしれない
目が慣れてるうちに速く見つけねば!
と思い

なにからやれば良いのか
訳がワカラナイ!

無我夢中で探し
結果は普通サイズ3本と小さい親指サイズ1本
という諸手を上げて喜ぶほどではないような結果

でも人生初の松茸という事で感無量で山を後にしました

店に戻り選別
クリフウセンタケ カノシタ ショウゲンジタケ
ニンギョウタケ クロカワ 香茸 なかなかの
成績でした。

特にカノシタ フランス語でピエ ド ムートンという
香り良いキノコがかなりの収量

では松茸

ん 

あれ?

大3 小1のはずが

大3 小3ある

ん?なんでだ?
記憶にないぞ!
いつ採ったのか全く記憶にないのであります!

本気を出しすぎて正気を失う

それ程にもぎたて松茸の香りが素晴らしかったという
事なのでしょう

番外編

ツキヨタケ

月夜茸

月のように朧げに闇夜に光り放つ
キノコという意味なのかはわかりませんが
このキノコは夜になると発光するキノコです。

発光するキノコという特徴よりも
このキノコを有名にしているのは
食中毒発生ナンバーワンの毒キノコという事だと
思います。

このキノコは平安時代より毒キノコとして
「今昔物語集」のなかで ワタリ という名で
まつわる話が綴られています。
そんな時代から人々を苦しめ
毒殺の役に立つ・・・・

それでも人はキノコに魅了される
味なのか フォルムなのか 偶然性なのか
わかりません

明日は太閤秀吉公も興じた松茸狩り
の本気の日です。

森のオブジェ

 森の芸術作品

よく見てください。
下の器は30センチ程あります
どれ程大きさかわかって頂けましたでしょうか?
よく嗅いでみてください。
なんとも言えない
ほの甘く
艶やかで高貴な香りが鼻腔をくすぐった
に違いありません。

それが香茸

いや〜
遂に発見しちゃいました!
10メートル先からでもそれと判るフォルム 大きさ
斜面を登っていたのでたどり着くまでに10数秒かかったと思いますが
その数秒が長く感じることも
嬉しく心地よく・・・
よくぞ 今まで誰にも発見されずにここに居てくれたもんだ!
と訳の判らない感謝の気持ちすら
湧き起こりました。

今一度 写真を見てください。
森の神秘です。

香茸とロウジ

 スミマセン
松茸が採れないばかりか
恵那の直売所の情報で香茸が入荷中との事。

本来 採ってこなくてはいけないものを
買ってしまいました・・・・

卑怯な事をしてるような説明のつかない
変な気持ちになりましたが
大好きな香茸
買わずにはいられません。
でも今年は買った事を必ず後悔してみせます。

フェイスブックのキノコ部の部員情報によると
全国でキノコが動き始めたようです。

今週こそ必ず!

夏から秋へ

 手前がニンギョウタケ
奥左からショウゲンジタケ ムラサキシメジ
釈迦シメジ チチタケ アミタケ 
クリフウセンタケ
松茸は無くても見知ったキノコの収穫は
テンションが上がりますね〜

松茸

 松茸の発生は地中の温度が20度以下に
なり適度な雨が降る事で発生すると
言われています。

先日の南木曽の最高気温は29度
最低気温は15度

土の温度変化予測チャートがある訳では無かったですが
20度以下になるとは考えづらく
火曜日は雨予報でしたが
どの程度降っていたかは
わからず

ある意味 行く前からなんとなく
結果はわかっていたのですが
ダヨネ ってな感じでした。

ただ
頭でわかっているから
行かないのではなく
身体で理解をする為に
行きました。

身体で理解とはなんぞや?なんですが

雨がどれくらい降ったかは濡れた土を見ただけでは
判らず 実際に土を踏み 歩き 足裏で感じる事で
どれ程のあめが降り 何時間前にやんだかを
なんとなく理解し データを集め 次に生かす。

とゆう訳で来週の予測は松茸 6本!

ちなみに写真はニンギョウタケというキノコで
この地方では白舞茸とも呼ばれているものです

水曜日

水曜日は菌曜日

というわけで菌活の天王山

松茸の戦い
の緒戦です。

マセリンのキノコナイフが
活躍する機会があるや いかに!

栽培キット

八ヶ岳

そこはキノコ人にとって
避けては通る事ができない
巡礼地の一つと言われています・・・

今回
山梨県北杜市に所用が有り
ならばというわけで
キノコ狩り

タマゴタケの赤ちゃんを収穫!
しっかりと育てたいと思います。

タマゴタケ

なんとも
フォトジェニックな写真です。

今年初めてのタマゴタケ

タマゴタケは群生するものなので
とりあえずの写真ぐらいの気持ちで
撮影をしてしまい
葉を取り払うのをしなかった事が
なんとも悔やまれます

今年初のたった一つのタマゴタケ

Santa Chiara Archives