ポルチーニ茸

8月中
更新ができていなかったのは
何もしていなかったわけではなく
採れても少量であったり
時期 場所が狙いどうり!と思い
油断し 撮る前に採ってしまい
ベストな被写体を撮り逃がしていましたが
やっと
油断があっても大丈夫な時期になった様です。

ベストポルチーニ茸 ヤマドリタケモドキ
イン岐阜県土岐市

タマゴタケ

今年も少々遠征しまして
タマゴタケをゲット
イン山梨県北杜市

どどーん!

前回と同じ場所で10日後の
写真がこれです。
恐るべしキノコパワー

ポルチーニ茸(日本名ヤマドリタケモドキ)
発生中!

梅雨明け?

梅雨明け?

梅雨明け

雨が足りないよ!足りてないよ!って聞こえて
きそうな姿がありました。
この画像の中に9体のポルチーニの
かわいそうな残骸がありましたが
今シーズンは無理だと
簡単に諦める事はないのでご安心を!

未来感

 腕時計で通話やメール 音楽が聴けてしまうしまうこのご時世に
このアイテムは仮面ライダーの変身ベルトの様な大きさと様相を
呈しながらできる事は
虫除け
未来感ハンパないです。

愛知県産ポルチーニ茸始まりました!

昨日6月19日の写真ですが
今年も国産ポルチーニ茸が始まりました!
梅雨入りから東海地方はまとまった雨が降らず
キノコの発生が遅れていましたが
ようやくの発生です。
キノコシーズンはポルチーニから!

お勉強

森の番人 山の民になるべく
狩猟をお勉強しております。

おしい!

ポルチーニ!と思ったらイグチ科の
別のキノコでした。あと数日でお目見えするはずです。

シーズンイン

そろそろポルチーニのシーズンな予感です
待ちに待った梅雨!
ポルチーニ前線は
愛知県内からスタートし岐阜県 長野県と
北上していきます。
写真はマツオウジというキノコ
この時期はこの他にササクレヒトヨタケ(栽培品名コプリーヌ)
とカンゾウタケあたりが可食のキノコかなと

木の芽

 またまた新たに木の芽 山椒の木を発見!
この山椒の木というやつは香りがいいもんだから
自分の身長と同じぐらいの木の高さであれば
すれ違う時の香りで発見できるんですが
5mほどの高さまで成長する木なので
大きくなってしまうとよっぽど注意深く木を観察しないと
発見しづらいので
過去に見つけたのは計4本だけでしたが
今回長野県伊那市で一挙に3本!
なかなかの収穫量でこれを名古屋市でパック詰め
で売られている木の芽に値段換算すると恐らく
4千円近くになるだろうと思いますが
これを道の駅で買うと2百円!
というわけで探す労力換算すると
見つけるのはなかなか幻に近いといいますか
どうしても違う物を探したくなってしまう山菜の
一つだと言えます

と言いつつも
この山椒の若芽である木の芽の1番の良さは
勿論香りです
この香りは摘んだ時が最高に良く
清涼感のある甘い香りでこれは摘んだ人だけが味わえる
最高の香り
そしてこれを直ぐに湿らしたペーパーに取り
氷を入れたクーラーボックスに入れて急冷し
香りを閉じ込め店の冷蔵庫へいれ
使う直前に冷蔵庫から出すと・・・・

あとはご想像にお任せします

Santa Chiara Archives