森のオブジェ

 森の芸術作品

よく見てください。
下の器は30センチ程あります
どれ程大きさかわかって頂けましたでしょうか?
よく嗅いでみてください。
なんとも言えない
ほの甘く
艶やかで高貴な香りが鼻腔をくすぐった
に違いありません。

それが香茸

いや〜
遂に発見しちゃいました!
10メートル先からでもそれと判るフォルム 大きさ
斜面を登っていたのでたどり着くまでに10数秒かかったと思いますが
その数秒が長く感じることも
嬉しく心地よく・・・
よくぞ 今まで誰にも発見されずにここに居てくれたもんだ!
と訳の判らない感謝の気持ちすら
湧き起こりました。

今一度 写真を見てください。
森の神秘です。

香茸とロウジ

 スミマセン
松茸が採れないばかりか
恵那の直売所の情報で香茸が入荷中との事。

本来 採ってこなくてはいけないものを
買ってしまいました・・・・

卑怯な事をしてるような説明のつかない
変な気持ちになりましたが
大好きな香茸
買わずにはいられません。
でも今年は買った事を必ず後悔してみせます。

フェイスブックのキノコ部の部員情報によると
全国でキノコが動き始めたようです。

今週こそ必ず!

夏から秋へ

 手前がニンギョウタケ
奥左からショウゲンジタケ ムラサキシメジ
釈迦シメジ チチタケ アミタケ 
クリフウセンタケ
松茸は無くても見知ったキノコの収穫は
テンションが上がりますね〜

松茸

 松茸の発生は地中の温度が20度以下に
なり適度な雨が降る事で発生すると
言われています。

先日の南木曽の最高気温は29度
最低気温は15度

土の温度変化予測チャートがある訳では無かったですが
20度以下になるとは考えづらく
火曜日は雨予報でしたが
どの程度降っていたかは
わからず

ある意味 行く前からなんとなく
結果はわかっていたのですが
ダヨネ ってな感じでした。

ただ
頭でわかっているから
行かないのではなく
身体で理解をする為に
行きました。

身体で理解とはなんぞや?なんですが

雨がどれくらい降ったかは濡れた土を見ただけでは
判らず 実際に土を踏み 歩き 足裏で感じる事で
どれ程のあめが降り 何時間前にやんだかを
なんとなく理解し データを集め 次に生かす。

とゆう訳で来週の予測は松茸 6本!

ちなみに写真はニンギョウタケというキノコで
この地方では白舞茸とも呼ばれているものです

水曜日

水曜日は菌曜日

というわけで菌活の天王山

松茸の戦い
の緒戦です。

マセリンのキノコナイフが
活躍する機会があるや いかに!

栽培キット

八ヶ岳

そこはキノコ人にとって
避けては通る事ができない
巡礼地の一つと言われています・・・

今回
山梨県北杜市に所用が有り
ならばというわけで
キノコ狩り

タマゴタケの赤ちゃんを収穫!
しっかりと育てたいと思います。

タマゴタケ

なんとも
フォトジェニックな写真です。

今年初めてのタマゴタケ

タマゴタケは群生するものなので
とりあえずの写真ぐらいの気持ちで
撮影をしてしまい
葉を取り払うのをしなかった事が
なんとも悔やまれます

今年初のたった一つのタマゴタケ

ポルチーニ

 開田高原に3週連続 気を取られている
間に
足元の春日井市で
発生

ヤマドリタケモドキ
広義のポルチーニ茸

SNSのキノコ部のおかげで
タイミングを逃す事なく
収穫!

読み通りに

開田高原のハナビラタケ発見!

と言っても
2週間前の出来事
なんですが

次も
次も
次の事を


思っていると
ブログの更新が
後回しになってしまいます。

愛知県 内津 ポルチーニ

 
発生が一時ストップかと思われた
愛知県春日井市でヤマドリタケモドキが
大量発生!

あと一歩

あと一歩先に

が大事なことはわかっているのですが

見切りをつける事も必要なわけでありまして

なかなか
狙い通りに事は
運んではくれないようです。

Santa Chiara Archives