VIGNETI MASSA

サンタキアラで愉しめるワインを少しずつ紹介していきます。
セラーで静かに寝かせているものから少し珍しいもの
新しく到着したものなど  少しずつ。 
サンタキアラという舗の方向性がそれとなく伝われば幸いです。

今回は初回なのでかなり迷ったのですが
ヴィニェティマッサのティモラッソを紹介します。

 

ピエモンテ南東 モンレアーレ。
近年この町を最も広めた人物はこのワインの作り手マッサをおいて他にいないと言われています。
もともとティモラッソというブドウ品種はこの町の土着品種だったんですが
忘れられ見向きもされないような品種でした。
それをマッサはこの品種の可能性を信じ20数年前より栽培を始め 
ティモラッソの評価のみならず町の評価も高めイタリアを代表する作り手になりました。
栽培方法は化学的な農薬 肥料は土地自身が持つ個性や抵抗力を弱めるという考えのもと一切使わないそうです。

 

故にこのワインが好きで紹介しました。     ではないんです。

単純においしいと思ったからです。

このワインを店に置きはじめたきっかけはワインからではなくワインヴィネガーからでした。
信頼を置いているイタリア食材を輸入している会社の勧めで使いはじめたヴィネガー
それがティモラッソヴィネガー
それをきっかけとして じゃあワインはどんな味なのだろう?と思ったからなんです。
おいしさに 理由はいりませんでした。
でもしっかりと理由がありました。
この土地を信じ信念をもって仕事をしてきたのだと思います。
認めてもらうまでに長い年月を要しています。だからこそ味わいが深いのだとおもいます。

通信技術の発達によって生産者 消費者ともに結果を急ぎすぎるきらいがあるように思えてなりません。
僕は焦らずに味わい深さを追求していきたいと思っています。

サンタキアラは海のものは伊勢湾と三河湾で揚った魚介のみでメニューを創っています。
技術と知識を少しずつ高め この海 土地の力を味わっていただけるような料理を作っていきたいと思います。

このワインのように  作り手のマッサのように 

Santa Chiara Archives